アラビカ京都で購入したコーヒー豆

SHARE

 の画像

京都のアラビカというショップが誕生したのが昨年2014年のこと。
知ってすぐに足を運んだショップは歴史のある町並みと対比するような白い内装が印象的、ショップの方々もフレンドリーで良い距離感を保ってくれ、とても満足した時間を過ごせました。
ショップについては後日、掲載させていただくとして、本日はそこで購入したコーヒー豆を。

”あまり酸味が得意ではないかもしれない”、”口当たりの良い飲みやすいものを”と希望を伝えると、おすすめしてくれたのがブラジルのサンタルチアという豆。
店内の焙煎機で焙煎する様子を見せていただき、説明を受けつつ雑談をしつつとなんでもないようで充実した待ち時間を経たコーヒー豆はこれまでよりも愛着のわくものとなっており、帰る頃には次はこの感想を伝えに足を運ぼうと決めてしまっていたほどにお店への愛着も湧いてしまっていました。

自宅で淹れたコーヒーはたしかに飲みやすい。お話していた通りだと感心すると同時に、
こんな味ならもっと良かったなと自らの意思が動きだしたようにも感じました。
そのタイミングはたまたまだったかもしれませんが、たまたまアラビカで購入したコーヒーを飲んで感じたのも事実。より好きになるきっかけとなった転機。
皆様にも是非味わっていただきたいと思います。

つらつらと綴りましたが、言いたいのはとてもコーヒーが美味しかったということ。
内容は酷似するかもしれませんが、ショップ情報についてはしばしお待ちください。

ちなみにアラビカ下記の動画で冒頭清水寺の後に出てくるショップです。