バーバーカルチャーはどこから来てどこへ向かうのか?

SHARE

ギズモードなどで活躍した尾田さんがサイバーエージェントにてリリースしているイカすメディア「SILLY」。
ひょんなことから知ったこちらのメディアで「BLIND BARBER」とそのオーナーのインタビューが紹介されています。

「BLIND BARBER 東京」オーナーに聞く、バーバーカルチャーの潮流とは

何より驚いたのが神戸発のローカルなエネルギー、クリエイティブを東京に持って行ってぶつけていこうとしている点。
クラフトビールやスペシャルティコーヒーも提供する神戸の「MERICAN BARBERSHOP」のオーナーである結野さんが何故「BLIND BARBER」に関わるのかも疑問でしたが、その点もわかってスッキリ。
バーバーは人の入り口でしかなく、人が集まる場を作るという思想は言うことなし。
それが実現されれば最高にクールなスポットになるのは間違いありません。
今から楽しみな「BLIND BARBER」のオープン。それまではこういったインタビューを読みながら妄想にふけようかと思います。

このインタビューが掲載されている「SILLY」。
ハイロックさんは現代版のプレイボーイと仰られていましたが、グラビアあり、食や物、カルチャーに関する記事ありと幅広い内容を展開するオリジナルメディア。
ストリート系の雑誌等でよく目にするグラビアありつつの構成をWebで見せたかったと語っています。
いちはやくsnapchatに取り組んでいたり、「abema TV」にてグラビア番組を配信していたりとwebサイトだけにとどまらないひろがりも楽しい。
まだ読んだことない方は是非チェックしてみてください。

その他の投稿

人気のカフェ&スタンド

人気の投稿