ブルーボトルコーヒーから究極の1杯を追い求めたドリッパーが登場

ブルーボトルコーヒーから究極の1杯を追い求めたドリッパーが登場

ブルーボトルコーヒーから究極の1杯を追い求めたドリッパーが登場

ブルーボトルコーヒーから構想5年、研究開発に1年を要したという驚きのドリッパーが誕生。
美味しいコーヒーを抽出するためには水の流れが重要だと考え、カップまで一定のスピードで流れるよう形状や構造にこだわったというこのドリッパー。
有田焼の陶器ブランド「久右エ門(きゅうえもん)」の職人によるもので、品質は申し分なし。
1杯のコーヒーに対して並々ならぬこだわりを見せてきたブルーボトルコーヒーだからこそ成立する逸品。
これさえあれば自宅でのコーヒーライフもワンランク上のものとなるかもしれません。

ホリデーシーズンにおひとついかがでしょうか。

ブルーボトルコーヒー ドリッパー

TAG :
トップへ