CLAMP COFFEE SARASAで至福の1杯を

CLAMP COFFEE SARASAで至福の1杯を

京都府内でもいくつかカフェや焼菓子工房等を運営しているSARASAが自家焙煎工房としてオープンさせた「CLAMP COFFEE SARASA」。
ちなみにオープンは2013年とのこと。
二条城の目と鼻の先と言うキャッチーな場所にありながら、多少わかり辛いのは京都ならではでしょうか。
ここであってるのかなと最後の最後まで少し不安になってしまうかもしれません。ですが、一度門をくぐると独特の空間があなたをおもてなししてくれます。
誰かとお喋りをするために…というのも良いですが、お一人でゆっくりとリフレッシュしていただきたいと思わせる独特な魅力あふれる「CLAMP COFFEE SARASA」。
是非一度足を運んでみてください。

CLAMP COFFEE SARASAで至福の1杯を

入り口はどこ?

カフェを訪れた際に戸惑ってしまったのが入り口の場所。
雑貨屋、グリーンショップが周辺にあり、緑が生い茂っているためショップの入り口がどこにあるのか少しわかり辛いかもしれません。
それにしてもこのエリア、あらゆるショップが集まっていてなんだか面白い。コーヒー以外にもまだまだ楽しめそう。
目移りしてしまうのを抑えながら、まずは「CLAMP COFFEE SARASA」の入り口を目指します。

CLAMP COFFEE SARASAで至福の1杯を CLAMP COFFEE SARASAで至福の1杯を

店内には豊富なコーヒー豆や焼き菓子が

自家焙煎のコーヒーを味わえる当ショップ。数種類の中からお好みの味をセレクトします。
カウンターすぐには、オリジナルの焼き菓子が陳列されているので、コーヒーの相方として一緒に注文も可能。
独特の空間で味わう淹れたてのコーヒーは格別。
置かれている雑誌を適当に読むも良し、だらだらと外を眺めているのも良し。タイミングがあえば見ることのできるハンドピックや焙煎の様子をただ眺めるのも良いのではないでしょうか。
個人的にはテーブル席よりも、窓際のカウンターでグリーンを眺めながら、雑誌を眺めながらというのがおすすめ。
コーヒーはテイクアウトももちろんOK。焙煎されたコーヒー豆も購入可能なので、このあたりもチェックしてみてください。

CLAMP COFFEE SARASAで至福の1杯を CLAMP COFFEE SARASAで至福の1杯を

以前はモーニングの提供なんかも行われていたそうですが、現在は行っていないそう。
よりシンプルにコーヒーを楽しむための空間となったそうです。
メンズライクと言えばそうかもしれませんが、可愛らしくも見える内装の作りと素敵な香りが漂う空間。
限定はしませんが、1人もしくは2人ぐらいでのんびりと過ごすのがベストなのかもしれません。

TAG :

CLAMP COFFEE SARASA (クランプ コーヒー サラサ)

トップへ