焙煎のことは焙煎士に訊くのが一番!OPENERS 焙煎士に訊く、ロースターとの付き合い方

SHARE

 の画像

特集|ロースターは燃えているか? コーヒーは焙煎で選ぶ時代へ 第1章「焙煎士に訊く、ロースターとの付き合い方」

OPENERSにて「ロースターは燃えているか?」という面白そうな特集が公開されています。
第1章はロースターの基礎知識について、ロースターとのつきあい方について。
豆の販売専門店「TORIBA COFFEE~Boutique Coffee Roaster~(トリバコーヒー ブティックコーヒーロースター)」にて焙煎士の滑川裕大さんへお伺いしたインタビューです。

ブルーボトルの上陸で媒染後の経過時間や、ロースト具合にも注目が集まっているようですが、ブルーボトルが提唱しているものがベストというわけではなく、それぞれ思惑があり焙煎後の時間を見て出しているそう。
大阪・アメリカ村にあるリロ・コーヒーロースターズのFacebookでも同様のことがアップされていたように思います。

コーヒーについて尋ねたら喜んで相談にのってくれるというのは大変ありがたい。
かかりつけの焙煎士というのもなんだか良い。

コーヒースタンドが多数登場したのと同様、最近はロースターを併設しているところも増えています。お気に入りの豆を探すにはそういった部分も参考に足を運んでみると良いかもしれませんね。

記事には飲み頃をすぎてしまった焙煎後2週間以上経過した豆を美味しく飲む方法なんかも書かれており、知識の部分以外にも参考になる部分が多いですよ。

via http://openers.jp/article/883537